PS4を買った話は前回させていただいたんですが、
久しぶりに起動したら自分のPSNID名が微妙・・・
大学の頃に作ったものだし、その頃からオンラインなんてウイイレくらいしかしてなかったし

ということで新しく作り直しました
早速お一人フレンドになっていただきまして、ありがとうございます




さて本題

20170122_001.jpg


PlayStation Storeにて配信されている、仁王の体験版をやってみました。
こちら、KOEIさん作とのことです

仁王 公式HP



最終体験版とのことですが、始めてやるものなのでチュートリアルから

20170122_002.jpg

なんだかGenkiが作ってた剣豪3みたいな道場

置いてあった木刀を拾ったので、早速装備

20170122_003.jpg

結構武器パラメータ多いですね
後でわかったことですが、
特殊効果や攻撃力は、同じ名前の武器でも変わってくるようです


20170122_004.jpg

なぜかニンジャが襲ってくる
おかしいな、ダークファンタジー系だと聞いていたんだけど

武器の構えも上段、中段、下段とあるそうで、それぞれ特徴もあるようです
上段は大振り、下段は早い攻撃とかね

20170122_005.jpg

ただ、流派は無いようです
示現流とかね
これそういうゲームじゃないから


さぁやっていきましょう

20170122_007.jpg

ステージを選ぶ系みたいです
シャドウタクティクスで見たような画面
あっちは中山道でしたね


20170122_008.jpg

選ぶとステージ背景の補足が
というかこのゲーム背景が全くわからない
主人公は三浦 按針さんらしいんですけどね

関係ないけど、Wikiの人物画と違いすぎるだろ・・・

WilliamAdams.jpg

ちなみに按針さんは 1564年生まれで、日本に来たのは1600年だそうです(wikiから)
織田信長が出てくるとのことですが、もう死んでるはずではとも思う


まぁまぁまぁ、妖怪出てくる時点でね、なんでもありです
妖怪は死なないし

それよか本編を始めてみましょう

20170122_009.jpg

色々武器を持ってる

20170122_010.jpg

火縄銃!
おk早速撃ちに行こう


20170122_011.jpg

社があったので拝んでおく
なんか可愛いのがいて、ステータスアップなどのメニューがありました

油断している敵?を発見!!

20170122_012.jpg

構えると聞こえる銃の火縄のジジジ音がなぜか心を落ち着かせる

オープニングムービーも背景説明も無いので、
まずNPCが敵なのかわからない

合戦ゲーでもないし、きっと敵だろう
撃ってみりゃわかる
撃ってみた


20170122_013.jpg
フガッ
20170122_014.jpg
ウガッ
20170122_015.jpg
ベガッ


あれれー
按針さん、中身はWiki画と同じだな!

やってみてわかったことですが、
やられると最初の社に戻ってきてしまいます
そして貯めてた経験値はやられた場所に置いてきてしまう

始めはスタート地点の近くを何度も繰り返して、
経験値と装備を貯めていく必要がありますね

そうです、ダークソウルと同じ

なるほど、仁王のレビューが載ってるサイトをいくつか見てみましたが、
たしかに和風ダークソウルという声が圧倒的です


20170122_016.jpg

そしてダークソウルについては本家には適わないので、
ウワー鬼がいるぅ
あんまり評価は高くないようです


20170122_017.jpg

ウヒャー、かっこええ

ダークファンタジーとのことなんですが、
ステージの最初のほうの敵は普通の足軽ばかりです

途中まで行くとでかい鬼やグールみたいなのや妖怪が・・・
傘お化けが地味に痛かった

敵の見た目そんな怖くないですね
個人的にはホラー要素ありのガッツリダークは苦手なので、
こっちのほうがいいな

ステージ進んでくれば変わってくるんでしょうけど・・・城とかね



20170122_018.jpg

ボース

まぁなんでしょう、
和風ダークソウルと思えば評価は微妙でしょうが
(自分は1しかやったことないのでそこらへん難しい)
KOEIが作ったダークソウルと思えばこういう風になるんだろうなと思います
微妙なパリィやジャンプ操作が無いなどもKOEIらしさに思えてくる



20170122_019.jpg
20170122_020.jpg
ボスは確かに強かったですが、
コツを掴めば初期装備でもノーダメで倒せると思います
上手い人ならね!


オンラインプレイですが、他のプレイやーがやられた場所に血刀塚なるものが出て、
そこから召還できる屍狂い?を倒すとその人の装備が手に入ったりします
屍狂い自体の動きはNPCぽい

また、宝箱っぽいのを開けるとたまにはずれがあり、
他PCが赤Mobみたいに召還されます
他PCではなく、Mobみたいです。はじめのモーションしてくるんですが、
モーションをシンクロさせるとアイテムをもらえるみたいです。


感想自体は上記で書かせていただきました
本家ダークソウルは日本を舞台にしたのは作る気は無いとどこかで見た覚えもあるし、
スキルや武器の種類、カスタマイズなどユニークなところもあるので
こういうゲームをやってみたかった!と思う人も多いのではないでしょうか

2017.01.22 


Secret