20150807_001.png

どうもRedSideです。
最近はどこにいても暑いですね。


> 取り急ぎ装備を強化したり、お金を稼いだりする必要は無さそうなプレイスタイルなので、
> 今までどおりのやり方でゲームを楽しむことにしようかなと思ってます。
 ⇒<抜粋>前回の記事より

20150807_010.png

しちゃいました。
このBlogでのワタシの宣言は大体嘘だと、前フリだと思ってくださってもう結構です。
前科ならたくさんあります。


だって、貿易とかでお金貯めても使わないんだもの!
防具は+5まで、武器は+7までが安全圏らしく、そこまでは強化アイテム一個ずつで上げることができました。
おかげで随分クエもスムーズになったと思います。


ちなみに上限は15です。
強化失敗時のペナルティは、最大耐久度が下がるくらいかな?
強化値が下がったり、アイテムが無くなったりしない(アクセや馬具などは除く)ので、そういう点では気が楽ですね。




さて本題です。
今日は馬を交配してみました。
ブリーダー的なやつです。


交配するのはこちら

20150807_003.png


タマ君です。

この馬は初めて捕まえた野生馬で、名前やレベルからもわかるようにかなり愛着を持って育ててきました。
そろそろ彼にもお嫁さんが必要なんじゃないか。
子供がいてもいい頃じゃない?
姫だるま工房的なノリで、お見合いをしてもらうことになりました。

ちなみに、後藤姫だるま工房がある大分県竹田市には、
「荒城の月」のモデルとなった岡城があったことは全くの偶然





そんなタマ君の気になるお相手は

20150807_004.png


シシルちゃんです。

この馬は馬市場で買ってきた馬です。
名前は前の馬主さんがつけた名前。
馬市場で馬を買う際に名前は確認できず、買った後に「なんだこれ!?」と思う名前だったりすることは、あります。

きっと前の馬主さんはいい馬主さんだったんでしょう、名前のモデルはこの人かな?




とりあえず、タマ君を交配市場なるものに登録します。

20150807_005.png


交配市場は、牡馬を登録するもので、
牝馬の馬主さんはここからお相手を探すことになります。

今回は手持ちの馬同士なので、自分にしか見えないように設定してタマ君を登録。
タマ君は一世代目なので、多分普通に登録しても見向きもされない可能性が高いのですが、
もしかしたらタマ君モテるかもしれない。
あふれでる高幡不動的な、あるいは大國魂的な後光オーラが出ているかもしれない。
大丈夫か、悟り開いちゃってるんじゃないかタマ君。

ぶっちゃけ探すのがめんどいので上記のように登録。


あとはまつだけー





20150807_006.png

生まれてましたー


名前を入れなくては


20150807_007.png

ボールドルーラーです。丸パクリ。
「馬名は大胆な支配者の意。 計8回アメリカリーディングサイアーに輝いた。」wikiより
すげえ。がんばれ。

と思ったら、

20150807_008.png

女帝だった。
3世代が生まれたことよりびっくりしました。
ていうか3世代ってなんだよ、子供飛ばして孫ができちゃったよ。
タマ君すげーな、ギリシャ神話みたい。大國魂神話。



・・・とりあえずあれです、もう一組カッポゥを作って、牡馬を生んでもらうことになりそうです。


20150807_009.png

2015.08.07 


Secret