今回で中国編は最後です。次回から通常営業です。


3日目は、新郎新婦の案内で街中や市場、デパートなどを見て回りました。
はんぱねー人、はんぱねー暑さ、はんぱねー安さなどに当てられ、現地を満喫しきりました。

夜、散歩していたら謎の集団に出会いました。
どうやら現地で人気の体操のようです。50人くらいいたので、さりげなく混ぜてもらいました。
夜だというのに汗ダクダク

4日目、我々は帰国の途につきます。

朝飯は近所の定食屋で鴨肉のそばをいただきました。

040720_002.jpg
040720_001.jpg
汁無しのほうがめっちゃうまい。
出汁というものが無いので、汁有りはちょっと物足りないんですね。
ちなみにどちらも5元。1元は日本での換金だとだいたい13円です。


040720_003.jpg
出発前、ホテルの窓から。
ホテルの前も市場でした。
建築資材が多く、卸市場な感じでしたね。

赤い看板は殆ど花火屋さん。
「試してみたい」と聞くと
「そこらへんでどうぞ」とのこと。
毎朝起こされていた爆音の元が判明した瞬間です。


・18:00
 懐化空港に到着
  懐化空港は、二階のない田沢湖駅のような空港です。シンプル。
  空港の売店でコーヒーを飲みます。
  この売店、外観が非常に怪しい。
  空港の端っこにひっそりとあり、パクリ丸判りの人形やおもちゃが置かれてたりしていて、
  緞帳のようなカーテンが引かれているのです。

  初日は夜だったこともあり、正直覗くだけで精一杯でした。正直怖かった。
  帰りは中で随分くつろぎます。
  外国で自分探しは難しいですが、こういった成長はできます。
  良い方向なのかは別として。


・20:00
  長沙空港へ向けて出発
   北京空港の到着が0:30、
   北京から東京への出発が翌朝8:45とのことで、
   「北京の良いホテルで泊まりたいねぇ」なんてなことを話してます。
   フラグです。

   なんせ現地での食事、ホテルは殆ど向こうの家族持ちだったので、
   お金が余ってしまったのです。


・0:30
  まだ長沙空港にいる
   飛行機が飛びません。
   理由は不明です。CAも知らないのです。

040720_004.jpg
やっぱり座席は自由でした。
一番後ろの3席を確保し、ベンチスタイルで離陸を待つ。


040720_005.jpg
中国のLCC?をハッケン。
何がどのレベルでラッキーなのか、すごく気になる。
ちなみに我々より後に来て、先に出て行きました。なんてラッキーなんだ。



・2:00
  北京空港到着
   時間が微妙すぎるので、ターミナルで夜を明かします。
   ちなみに北京空港のターミナル3は

   ・世界最大規模の大きさ
   ・夜間は警備おらず、カウンターも閉まっていて、職員はゼロ
   ・誰でも出入り自由

   夜の北京空港では世界クラスのカオスが味わえます。

   「手ぶら」「Tシャツサンダル履き」の方々が多く見られる。
   我々は彼らを「プロ」と呼び、
   「北京オープン」の開幕を宣言し、
   彼らの動向を解説、もとい観察することにしました。

   まず我々は中二階にある、フードコートのようなところに席を確保しました。
   ここからだとチェックインカウンターフロア全体が見渡せます。
   夜中、寝ている人が殆どです。動いているのはプロばかり。

   観察を始めてから一時間、空港内は静かですが騒々しい。
   夜の日本海のよう。
 
   私はタバコが吸いたくなり、フロアを横切って外へ。建物内は全面禁煙ですので。
   外の喫煙所には、現地の方の集団とインド人が一人。
   集団はうるさい。もめてます。

   今回経験してわかったのが、現地は集団だともめるということです。
   飯屋でもなんでも、大概あとからもっと色をつけろといってくるのです。
   それを見越して、もともと少なめにネゴるこちらにも当然原因はあります。

   私が一本目を吸っている間に、集団は決着がついたのか、どこかへいってしまいました。
   残ったのは私とインド人。
   中国人以外を久々に見たワタクシ、インド人が気になります。
   インド人は別の理由で私が気になるようです。
   KEIKAIされているようです。
   私が二本目に火をつけたところで、インド人は移動していきました。
   きっと私がもらった現地タバコを吸っていたのが原因でしょう。


・5:00すぎ
  プロが動きを見せる
   チェックインカウンターが開きはじめます。
   プロたちは一度、なぜか我々が居るところに集まり始めました。
   現地人とは思えないほど小さな声でしゃべるプロたち。
   「作戦会議してるな」
   「プロも今日は店じまいだろう」という雰囲気が出てきたころ、プロが動きを見せます。

   迷っている風の外国人に声をかけ、チェックイン代行を行い始めたのです。
   インスタントコーディネータです。
   欧米風の人たち限定で声を掛け、うまいことチップを稼いでいくのです。
   「出国カウンターだからさ、欧米の人はもう元いらないわけだよ」
   「うまくいけば全部もらえるってことですな」
   「しかもチップの慣習が無いアジア人には来ない」
   「いやぁ、プロだわ」
   我々は結局一睡もせず、帰国の便に着いたのでした。

   日本の安全さと清潔感に感動し、
   出発してから帰ってくるまで連敗を続けていたカープに愕然として今回の旅は終わりました。

2014.07.20 


Secret