前回スカンジナビアを満喫することができました。
今回は海をショートカットしてイギリスに行ってみたいと思います。

20160710_001.jpg

これはわかりやすいショートカット。

今回はもうちょっとサクサク行こう。

20160710_003.jpg

船に乗って

20160710_004.jpg

橋をわたって

20160710_005.jpg

ゴール!

レベルもアップ。

20160710_006.jpg


ちょっと色々飛ばしすぎた。


20160710_007.jpg

もう一個受けよう。
ドイツまで。


20160710_008.jpg


ゴール!!

レベルもアップ。

20160710_009.jpg


もう一個受けよう。

20160710_010.jpg

ルクセンブルクまで。

20160710_011.jpg

ドイツのアウトバーン?は3車線が多く、料金所も無いため非常に走りやすい。

到着。

20160710_012.jpg

ルクセンブルクは町の入り口に小刻みなコーナー郡があって、
スピード出しすぎているとあっさり横転の危機を迎えることがあります。


20160710_013.jpg

最後にもう一個受けよう。

20160710_014.jpg

さっきレベルが2つ上がって、長距離スキルを伸ばしたので一気に・・・、一気に南のほうへいけます。
いやどこだこれ。
すいませんちょっと勉強不足で。
どうやらギリシャのようです。


20160710_017.jpg

とりあえずイタリア。


20160710_017.jpg

イタリアも結構走りやすい。
料金所はありますが、間隔が長いので十分飛ばせて楽しい。


20160710_018.jpg

あっという間にアンコーナへ。
ここから船でギリシャへ。


20160710_019.jpg

ギリシャでは牛がお出迎え。
夜だったもんで、一瞬なんだかわからなかった。



20160710_020.jpg

ギリシャといえば山。
やはり登らなければならない。


エンジンと親指の毛細血管が焼ききれるんじゃないかと思うほどアクセルを吹かした結果、
登りきることに成功しました。



20160710_021.jpg

到着した街はトリカラ。
一本道の脇にぽつねんとある街で、サイズ間がちょうど良い街。


20160710_022.jpg

ちょっとダメージ多いけど、申し分なし!

レベルもアップ。

20160710_023.jpg


長距離をマスターしたぞ!
これで距離に関しての制限はなくなりました。

2016.07.10 
前回、無事スカンジナビアに到着することが出来ました。
折角なのでもうちょっと満喫していきたい。

20160706_001.jpg

ということで、ノルウェーまで「無限軌道」を運ぶことにしました。
無限軌道。


20160706_002.jpg

キャタビラーでした。
しかしデカい。
片輪だけで11tだもの。


このゲームでは雨も降りますが、大体朝方は晴れてる。
今日もいい天気で、とても気持ちが良さそう。


20160706_003.jpg

看板の文字は読めない。
そういえば、昔の記事でスウェーデン語についてネタにしたことがあったことを思い出し、
役に立つかと思って見返してみたら見事に役に立たない。


サッカーなどを見ているおかげで、
「字面はわからないけど声に出して読むとわかる」都市名なんかは結構あります。
例えば、ボーフム(Bochum)とかグラスゴー(Glasgow)とか。

なので発音だけは知っておきたい。

勝手にこちらのサイトさんにある、
スウェーデン語講座を覗かせてもらいました。

そして私なりに画像の都市を発音させてもらうと、

「GöTEBORG」 ⇒ 「ゴォェテボォリ」 答え
「VäSTERåS」 ⇒ 「ヴァステロァス」  答え
「ÖREBRO」  ⇒ 「オルェブルォ」 答え
「STOCKHOLM」 ⇒ 「ストックホルム」 答え
「SöDERTäLJE」 ⇒ 「ソォェデェテェルェ」  答え
「NYNäSHAMN」 ⇒ 「ニィニャスハムン」 答え

どうでしょう。
一番上なんかは正に「読めれば知ってた」だったなー。
悔しい。


話を本題に戻しますか。

20160706_004.jpg

少し走って郊外に出ると、「片側だけ二車線」になりました。

都市に向かって下りだからそうなっているのか等と考えましたが、
とりあえず路肩感が半端なく、
日本でもたまにある山間の高速道路にくっついている一般道を走っている気になる。
なんとなしに寂しい。

肩身の狭い思いをしながら走っていたら、

20160706_005.jpg

立場が変わった。
単なる追い越し用だったみたいです。登坂車線みたいな。




20160706_006.jpg

今日の橋。

20160706_007.jpg

もう一つ。

20160706_012.jpg

念押し。



20160706_008.jpg

ノルウェーとの国境に差し掛かりました。
前々回でもありましたが、こういう国境は良い。
国の境というか、正に端っこという感じ。




20160706_009.jpg


ジャンクションです。
いわゆるT字型のジャンクションですが、スペースの使い方が豪快。
「片側だけ二車線」などの省スペース精神はどこへいってしまったのか。



20160706_010.jpg

こちらは料金所。
スカンジナビアではAutopass、いわゆるETCがあります。
発車時の蹴り出しが大変なトラックにはとてもありがたいシステム。



20160706_011.jpg

日が暮れてきました。
このゲームは季節的には夏のみとなっているらしく、北欧は19時過ぎても明るい。
白夜かと思いましたが、良く考えれば日本でも19時くらいじゃ明るいな。


20160706_013.jpg

21時になりました。
ちゃんと夜になりましたね。でも少し白んでる。
他の町の夜はマジマックラですからねー。

この街の読み方は簡単そう。「クリスチャンサン(答え)」

そしてゴール。
ムム、スタッツが無い。
しかしご安心を、ちゃんと荷物は届けられました。

2016.07.09 

20160704_001.jpg

前回スロベニア(スロバキアではない)で熱い歓迎を受けつつ、見事クロアチアまで走りきったcocoRed。
その後ハンガリーまで移動を行っている模様です。

20160704_002.jpg

彼の次の仕事なんですが、どうやら北を選んだようですね。
我々も後を追って、合流したいと思います。


・・・あっ、発見しました。

20160704_003.jpg

どうやら右に見えたオブジェクトが気になっているみたいですね。



20160704_004.jpg

そろそろ夜が明けてきました。走り続けてます。
今現在、どこかしらの橋にさしかかっています。

橋を渡る画を撮ってしまう癖が出てしまっていますね。
ただちょっとタイミングが早かったようです。
このアングルでは・・・。えぇ、彼も納得はしていないと思われます。


20160704_005.jpg



20160704_007.jpg

エー現在ワーツザワを通過中。
渋滞などは無い模様です。疲労ゲージもまだ余裕がありますね。

20160704_008.jpg

あっと、先ほどの街の名前は「ワルシャワ」でした。大変失礼いたしました。



20160704_009.jpg

あー、また橋ですね。
ゲージに出てこない疲れというのがあるのかもしれませんね。



20160704_010.jpg

次の街に到着した模様です。
あーっとここで疲労ゲージがたまってきてますねーっ
この街の名前は・・・、エー・・・「Gdańsk」・・・クダンシタ?バカな・・・
あっ「グダニスク」。「グダニスク」でした。


20160704_012.jpg

おぉっとーっ、でたフェリーッ

20160704_013.jpg

船の移動によって、疲労の解消も一気に行おうということですねーっ



20160704_014.jpg

たった今、フェリーが到着しました。
目論見どおり、疲労度が解消されています。


20160704_015.jpg

時刻も朝の七時となっております。すばらしい時間配分ですね。




20160704_016.jpg


ストックホルム!ただいまストックホルムを通過中です!


20160704_017.jpg

いやどうでしょうこの走り。

20160704_018.jpg

疲れも抜けて絶好調っ。といったように見受けられます。



20160704_019.jpg

あっまた橋ですね。
これはもう無意識に行っている可能性がありますね。



20160704_020.jpg

いよいよ今回の目標地点、ウプサラの街に入りましたっ。

20160704_021.jpg

スカンジナビアに入ってからはあっという間でしたね。
やはり今回の勝因はあのフェリーの使い方といったところになるのでしょうか。
あっと、まだゴールしてませんでしたね。


20160704_022.jpg

おぉーっとここで初めてのバック駐車です!
これは完全にノッている証拠ですね。
いや、単純に時間が余っただけかもしれません。


20160704_023.jpg

ゴール!
多少ズレていますが許容範囲内に収めたようです。
しかし時間がかかってしまいましたね。リアルに10分ほど試行錯誤を繰り返していました。

ここで今回のスタッツです。

20160704_024.jpg

あっとダメージペナルティを受けてしまっていたー
苦労した駐車ボーナスが水の泡っ

レベルも上がっていた模様です。

20160704_025.jpg

なるほど。



えー今回はコシ・・・Košiceからウプサラまで使用済み梱包財を運送する模様をお届けしました。
それでは皆様ごきげんよう。

2016.07.04 

さていきなりですが私のETS2に導入しているMODをご紹介します。

20160702_000.jpg

詳しい説明は省略させていただきます。
じゃぁなぜ今回ご紹介したのかというと、TSMというMAP拡張MODに含まれている街に行くから



前回の記事の後

20160702_001.jpg
こう
20160702_003.jpg

こうと二つ仕事をこなしまして、
えー、現在はですね、シュトゥットガルドにいます

20160702_005.jpg


レベルも上がった



ということで、今回はシュトゥットガルドからクロアチアのリエカまで
木の樹皮15tを運びます

20160702_006.jpg

木の樹皮って


出発時刻は朝の10時ごろ。
荷物をつなげて出発

20160702_007.jpg

このトレーラーは良いですね。
トラックとのサイズ間がばっちり


20160702_009.jpg


今回は途中オーストリア、スロベニアを通過します。
オーストリアの西側はアルプス山脈にかかっているようで、山道を行くことになる。


20160702_010.jpg

途中、アーキエイジにありそうな町が出現。
どうやらただのオブジェクトだったようで、街には入れず。残念。


20160702_011.jpg

やたらかっこいい看板を発見


20160702_014.jpg

夕方にさしかかるくらいでオーストリアが終わり、スロベニアに突入


20160702_015.jpg

スロベニアに入ったところで、謎の看板を発見。
標識ではないように見えますが・・・



20160702_016.jpg


スロベニア自体は寄るところも無いのでスルー


20160702_017.jpg

また同じような看板がっ

と思ったら

20160702_018.jpg

国境でした。

ここで気付いた。あの看板はアレだと

ikaho.jpg

コレと同じやつだと

なんでしょう、スロベニアに一気に親近感が湧いてきました。


20160702_020.jpg

夜の20時ごろ、リエカに到着。

20160702_021.jpg


20160702_022.jpg


20160702_023.jpg

出発が10時だったのでちょうど10時間ですね。
休憩時間や疲労度を考えると、あと2、3時間くらい走っておきたかったかも。


20160702_024.jpg


レベルがあがったので、新しいスキルを取ってみました。
随分派手なものを運べるようになったようです。

2016.07.02