上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 

AnotherDayのOβが延期になりました。
改めての日程発表は八月六日だそうです。

モニタの試しついでにやってたAVAが楽しくて、
昨日ずっとやってました。

で、やっぱりやる以上勝ちたいので、勝つコツが無いかと探して回っています。
幾分抽象的で、当たり前だろと言われそうなことばかりですが、出来てない部分も多い。
これからはこれらが出来るようにがんばろう。


・もう一歩前に出る。
 ・・・カフェやセンターを押さえておわりじゃないぞと。もう一つ前に出て、戦車の周りを抑えるんだと。
  今日もルノーのペトロフがチームラジオで怒られていた(7速に上げるタイミングが遅すぎたらしいです)けど、
  勝手にセーブするんじゃないと。
  六速のコントロールなら簡単だろう、七速まで目一杯使ってコントロールしてこそだろうと。
  ・・・ちょっと違うか。うーん、遠からずな気もする。


・味方が倒される前に倒す
 ・・・これはよくある。修理してて、敵に倒された次の瞬間に味方がそいつを倒すパターンですね。
  あとコンマ数秒それを早く・・・というやつ。
  これをしてしまう立場にならないようにしないといけないわけですね。
  とりあえず戦車近づくまでグレ持って走るとかしないようにすると。


・味方のスナに期待しない
 ・・・良いスナが味方に居れば心強いのですが、それは野良なので期待しない。
  そんなんだったら俺やる!とやってみましたが、普段でもそれほどなので様になるはずもなく。
  スナが難しいのはわかったので、せめて指示を出したり、ちょっとでも当てて場所を出したりしてみよう。
  大体が明後日を見ているのはやられたときのビューでこちら分かっていますから、
  せめてこちらの行く先に視線を向けてもらう努力をしよう。


・多数でのポジション取りを学ぼう
 ・・・たとえば三人くらいで突撃!となったときの自分の立ち位置に迷う時がままあります。
  お前そこ、こいつここ、じゃぁ俺どこ?みたいな。うろうろしちゃう。
  いつも、みんながそっち行くなら俺こっちみたいなことばっかしてるからそうなるんです。
  始めのやつと矛盾してしまうかもしれませんが、
  たとえば一人でカフェに突っ込んで、そこに3人くらいががっちりポジション取りしてたらやっぱり萎えますから。
  そっちむりだからこっち行こうみたいなね。
  そういうのも出来るようにと。そしてそれを出来るだけ前の位置で出来るようにと。そういうことですね。
スポンサーサイト

2010.07.26 
モニタためしついでにAVAをやってみました。
久しぶりにやったら当たらなくてね。それは元々か。
楽しかったですよ。たまにはいいですね。

買った買っただけじゃタダの自慢ですよと価格コムあたりのコメントにあったので、
ちゃんとレビューをしてみようと思います。

まず買ったのがこれ
初めてのサムスン。

過去日記にあるように、HDを買う理由はひとつも無かったのですが、
価格コムだと38,000円とあったのに
探してみたら28,000円であったので買ってしまいました。


スペックはこちらになります。

あんまりよくわからない。コントラスト比とか。

こういう単語が、それ系の人たちにぐっとくるんでしょうか。
F1でいうディフューザーのような?
FX用語で言うカウンターパーティー・リスクのようなものでしょうか。
思いっきり音の響きだけで選んでいますけどね。次の記事の題名にしよう。


基礎知識だけで600頁超の辞典が出来そうなくらいある上に、毎年新しい単語が出てくるから
F1は中々新しいファンが増えないのかもしれない。

来年導入予定の可変リアウィングのレギュレーションとか以下のとおりですよ。いや、多分もっとあったはず。
一体使える機会が二時間弱のレース中に何度あるのか。

【2011年導入予定の可変リアウィング使用レギュレーション】
・最初の2周では使用不可
・ドライバーが先行するマシンの1秒未満に近づいたときにのみ使用可
※プラクティス、予選では上記の条件を満たさなくても使用可
・システムを起動したあと、ドライバーは最初にブレーキを使った時点でシステムを使用できなくなる
・使用できる場合は制御エレクトロニクスが可能だと通知した場合のみ
・使用できる場所はサーキットに上の指定された一部の区域でのみ
etc・・・。

当然これ以外にもウイングの形状や重さ、可動範囲なども細かく決められます。

これだと抜いてもKERSや可変ウィングのおかげと言われそうですね。
ドライバーはドライビング以外の内職が増えて大変そうです。

ということもあって、現場には不評です。


個人的には、素人考えですがスリップストリームに入った状態でその効果が実際あるのか疑問です。
逆に、スリップストリームに入るために可変ウィングを使うのはありかもしれない。後ろにつききれないときとかですね。

・・・並んだ瞬間とかはどうするのよって話ですよね。スイッチを切るタイミング。
抜かれたほうは絶対文句言うと思う。また切った切ってないだのといった不毛な争いが。

単純に見ているほうとして、面白くなるのかは微妙。
実際オーバーテイクが見たいのならインディあたりを見ると思う。
簡単に抜けたらそれはそれでつまらないと思う部分もあるわけで。






話がそれたぁ。
今更ですが戻してみますか・・・。

レビュー項目は以下です。これは価格コムからもってきました。
一番見慣れてるかなと思いまして。

【デザイン】
アーム?(本体と台座をつなぐやつ)の曲線がちょっとやらしい。差込口あたりが特に。

【発色・明るさ】
明るいです。背景が白くなると、目への負担が不安になるほどです。

【シャープさ】
サムスンなので、シャープではない。
はい、すみません。
シャープさって何よと。輪郭ってこと?
XPのロゴが意外とカクカクだってことが今回のではっきり分かりました。

【調整機能】
付属CDに入っている設定ドライバが使えないらしいとの情報があったのですが、どうやら大丈夫のようです。
日本語対応していたのが普通にうれしい。PCパーツのマニュアルは英語ばっかりのトラウマが・・・。
輸入インテリアの組み立て図みたいなね。届いたやつを開けてあれと板とネジしか入っていなかったときの絶望感ったらない。


【応答性能】
2msとありました。前回いいなといっていたやつ
3.8msらしいので、じゃぁいいのかなと。その程度です。こちらがついていけてないのじゃないかと。

【視野角】
正面から見えれば。

【サイズ】
どうやら23インチのようです。

【総評】
まだ正直わからないのが本音です。
もてあましているのが正直なこの現状。

2010.07.22 
部屋の模様替えをしました。

といっても一人でやるには絶望的にモチベーションが無い。
TVが30KG(推定)と言う時点でもうね。無理無理。


そこで、友人を呼びつけ、さらにほぼ全権を押し付けつつ、
自分はサポートに回るという方法を採用しました。
いやぁ、優雅ね。タヒチリゾート並みの快適さ。

とりあえず、1.5人がかり、そして二日がかりで行った結果、分かったことが


・ごみの量がひどい
 ・・・ゴミ袋8つと、ダンボール縛ったものが3つ。積みあがった雑誌が1500mm。
   その殆どが家電のダンボールと梱包剤でした。
   東京都の判断では資源ごみです。スチロールは可燃だったかな。
   もうECOとか笑っちゃいますね。ECOとか(笑)。


・PCの中身一式が出てきた。
 ・・・CPUとメモリがささったままのマザボとグラボが出てきた。
   5W1Hの4Wくらいまでを使うような、疑問というか謎です。なんだこれはと言うものです。
   しかし、後からCPUの空き箱が出てきたので、どうやら自分で作っていたようです。
   いろんな意味でちょっと怖いので、友人に引き取ってもらいました。


・スパゲッティ配線
 ・・・TVの後ろの配線がパスタです。ペンネじゃなくて、長いやつ。
   年季が入っているので、どちらかというと冷えて固まったコンビニの冷やしうどんのような。
   パシフィックに間に合わないのじゃないかと思いつつ、ほぼ半泣きでやり遂げました。


・忘れていたものがざくざく
 ・・・ざくざく出てきました。ほとんど引越し時に持ってきたか、買ってそのままになっていたもの。
   ほぼ全てが自分より埃に懐いてましたね。その寄り添いっぷりにちょっと嫉妬。

   ・・・まぁいいや、出てきたものを簡単に挙げると、
   日本酒(未開封)、ウィスキー(ちょっと飲んでる)、メモリ2G×2(なぜかノート用)、大学時代の洋服、
   カープのカレンダー(5年分しかも未開封)、DSライト、スーファミ、PS2、PSP、
   こたつ、カーテン、そして最後に出てきたのがメジャー。
   カレンダーはコレクションなので、頭の片隅にはありました。放置分だけ状態は良かったですよ。
   日本酒だけちょっと心配です。状態が。ウィスキーだけならその心配はいらなかったんだけども。


・コードが足りない
 ・・・家電の配置を大幅に変えたことで、コードが届きません。
   TVのコード、PCのコード、TVなどにつなぐコード、コンセントなどなど。
   想定外の出費でした。
   以上のことから、上記の最後に出てきたメジャーをそのままベッドに投げつけたことは言うまでもありません。


・押入れスカスカ
 ・・・ダンボールを捨てたら押入れスカスカ。
   試しに物を入れてみたらもう。恥ずかしくなるくらい入っていきましたね。ほぼ全てが。
   一人ぐらしをもう七年。ここにもまた成長していない自分が。

・モニタが届く
 ・・・一人汗をかくかたわらでタバコを吹かしていたらモニタが。
   不謹慎、無節操、KY、全て反論の余地なし。
   しかしこちらは、「これのダンボールも捨てちゃおう。ついでで逆に良かったね」
   もはや誰も取り合いません。独り言ですね。



・・・とりあえず以上です。
モニタについては、明日書こうと思っています。出してつないだだけで、全然設定してないんです。
Blog書けてるから、ちゃんと写っていることは写っています。現時点ではね。

2010.07.19 

Another Day
のプレイ動画を見ました。

スポーツFPS(これ自体もあんまりわかってませんが)で、
兵科が似ているとのことでSOWに似ているかなと思っていましたが、やっぱり全然違いますね。

SOWのときはジャンプばかりしているとジャンパーだと言って馬鹿にされてましたが、
こちらではジャンプをうまく扱うことがどうやら不可欠のようで。
っていうかもうジャンプと言うかブーストですけど。

ゲームシステムは、どれも似たようなものです。
デスマッチ、爆破、脱出などですね。

武器やマップは多くないのかも。

まぁ、どれもみた感じですからね。実際にやってみないと。



2010.07.17 
とりあえず、今回のW杯は勉強になりました。うん、そういう結論です。
ただ、すぐにオールスターがありますから。

あの得票差は驚きましたが。まさかそんなになっていたとは。
まさか・・・?まさかね。



W杯を見ていて、
あぁ、腹筋いいなぁと。

変な意味じゃなくてね。
自分もあんなのが欲しいなと思いました。

夏も近いしちょっとやってみようかということですね。

一番良いのが「ジョギング」だそうです。
でもTVを見ながら出来るのが良いなということで、お手軽トレーニング法を探してみました。

その結果、というか結局やっぱり「腹筋」と「腕立て」と言うことになりました。
遺憾なほど予想通りでした。結局ソレかよ、スペインなのかよということですね。



そんな近況です。
只今筋肉痛が絶好調です。立つこともままならない。




残高の必死の説得を振り切る雰囲気で、ぬえいやぁと決断しました。モニタを買います。
これでお下がりを受けることになるサブPC。とうとうモニタも付いて一人立ちです。
電源を入れる回数も増えそうです。
でも、HDDが6年以上前のやつだからな。どこまで持つかな。

2010.07.14 
パシフィック
7月18日から始まります。バンドオブブラザーズが好きなので、とても楽しみ。


FF14の発売日が決定しました。
特別版が9月22日、通常版が9月30日だそうです。
やるかどうかは別にして。

APBがアジアに目をつけるのに時間がかかりそうなので、
こんなのを探してきました。

HOMEFRONT

Another Day

Call of Duty : Black Ops

どうなるんですかね。
二つ目はそろそろOβらしいので、そちらをちょっと試してみたいなと。
サイトを見てみる限り、「どっかでみたことある」感じでした。特に兵科。
残念ながら、絶対アサルトです。

三つ目は、日本語版が出るのにまだ時間がかかりそうです。
一つ目はさらに先のようです。



19万だか17万のMacBookをあきらめたので、
じゃじゃじゃじゃぁ、モニターを買おうと。
一万円くらいのであるだろうと思っていたのに、
見つけ出してきたのがこちら

欲しいですねぇ。

2010.07.10 
うーん・・・・。

中学、高校の頃ですかね。
好きだったのが第四次のスパロボですが、
たしか主人公のロボットが130Mなんですよね。

で、F91とかは15Mくらいで、
オーラバトラーなんかになると5Mくらいしかない。

だったらあんなでかい武器振り回すよりも、J馬場さんのように踏みつければ一発じゃないかと。
そんなことを考えていました。イタイ高校生ですね。


もう先週号になってしまいましたが、
週刊ダイアモンドで、IFRSの実践法が載っていました。
読んでみましたが、ありゃつらい。

しかし、強制適用が15年あたりと言われています。
そして、準備期間にどうしても3~5年はかかると。
じゃぁいまから何かしら始めていないと、もう間に合わない。

なんせ1500枚にも上るらしいその報告書、
そして経理だけではカバーしきれないであろうその内容から、
ぎりぎりになって担当者のケツたたくようでは全く話にならないわけです。

細かい話は週刊ダイアモンドを読んでもらうことにしてしまおう。
実は、買ってはみたものの自分もまだ全部読みきれてないのでね。

しかし、強制適用となったら確実に人員不足になると言われているので、
今から勉強しておけばかなり優位なスキルになることは間違いなさそうです。
特に、会計士はもちろん、システムを作るエンジニアなどですね。
なんせ知識を持っている人が少ないそうですから。
そしてIFRSのその存在すら知っている人もあまりいないように思われますし。

資格を取るまでいけば完璧ですが、
その目的や概要、今の制度との違いを分かっているだけでも十分かもしれません。




次回の気になる単語は「北極圏」です。南極じゃないですよ。

2010.07.06 

本日の気になる単語は「楠木正成」です。

調べるだけ調べてみましたが、
色々めんどくさそうなので元ねたにしようとしていたリンクを貼っておきます。
そちらを見ていただければ。

Wiki

リンクその一

リンクその二

リンクその三

幾分誇張はあると思いますが、数万の敵に対して数千、数百の手勢で対抗し、
その都度生き延びてるのはすごい。

参考にはできても、決して真似は出来ない話で。

テルモピュライの戦いあたりが似ている話としては有名かもしれない。
似ているって言っても、圧倒的な戦力の差がある敵と対峙したところが同じなだけであって、
これはこれで違う話。

あとは水滸伝とか?
これはまた全く違うかな・・。


個人的には、この手の話はミナルディが2002年の開幕戦でポイントを取った時の痛快さに通じるところがあると思う。

全くの他人事ですので、読み物としてみるならミナルディの話が一番面白い。
感動的でさえあります。
リアルタイムで見ていたこともありますが、その贔屓分を引いてもそう言える自信がある。

特にポール・ストッダート物語
ジャンカルロ・ミナルディのWikiなどを読んでもらいたいな。
特にジャンカルロ・ミナルディの
F1はビジネスでは勿論なく、スポーツに似ているけど違う、死ぬ気で食らいつくべき戦いだという程の執念が、
やっぱり泣けてくるなぁ。

常に復帰を狙ってそうですしね、来年もしヴァージンがミナルディに変わったとしたら、
そこに向けられる目というか心情は、月と太陽くらい変わると思う。


あとは、楽天の躍進もそうかもしれない。楽天の場合は実力があるからまた違うけど。

2010.07.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。